スポンサードリンク

2008年09月19日

おくりびと

488961_20080825170842_1.jpg


体と接する職に戸惑う新人納棺師と、葬儀に集まる多彩な人々の姿を通して、
愛する・愛されることの大切さに気づかせてくれるユーモアあふれる感動作「おくりびと」

リストラされたチェロ奏者・大悟(本木雅弘)はひょんなことから
<遺体>と接する職につくことになり、戸惑うばかり! 

しかしベテラン納棺師の佐々木(山崎努)に就くなかで、
葬儀に集まる多彩な人々の思いに触れ、いつしか納棺師の仕事に
理解を示すようになっていた。そんな矢先、唯一の家族である妻・美香(広末涼子)は

夫の仕事「おくりびと」に嫌悪感を抱き実家に帰ってしまう……

日本映画を代表するスタッフ・キャストがユーモアを絶妙に散りばめて、
すべての人に普遍的なテーマに挑んだ異色の感動作。
「おくりびと」9月13日公開!
posted by gg at 21:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106824142

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。