スポンサードリンク

2008年09月19日

朝バナナダイエット

banana.jpg
バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットのやり方は、「朝にバナナを食べて、水を飲む」だけです。朝食をバナナだけにしします。そして昼と夜は普通に食べます。以上が朝バナナダイエットのやり方です。いたってシンプルで簡単なダイエットです。あまりにも簡単なので信じられないと思いますが、実際に効果があるので今、話題になっているダイエット方法です。バナナダイエットで効果を早く出したいときは、和食がおすすめといいますす。昼食と夕食は、普通に好きなものを食べますが、よく噛むことが秘訣になります。昼と夜の食事関しては特別な指示はありません。

3時のおやつは食べても大丈夫といいます。お勧めなのはチョコレート、和菓子だといいます。甘いものを連想しますが、アイスクリームは外した方がいいといいます。おやつをたくさん食べたい時は、お菓子は摂りすぎないでおにぎりなどお米が勧められています。

遅い時間帯に食べると、胃腸が活動中のまま睡眠に入ることになります。そのため快眠ができなくなります。快眠できず疲れが抜けないと太り易い体質になります。悪循環に陥るので睡眠が不安定にならない食生活が基本になります。夕食は早めに食べるのが理想です。というのも寝る4時間前からは食べない方がよいからです。とはいっても、もし食べるならば果物1種類を食べます。遅ければ遅いほど快眠時間が減ってしまいますから、夕方6時に近い時間に食べるとプラスになるといいます。夕方の6時になるべく近い時間帯、遅くとも晩の8時には食べる日を増やすようにしましょう。

それから日付が変わるまでに寝る習慣をつけて疲れを取るようにしないと、体質は徐々に悪くなってゆきます。快眠を得るようにしないと、体質を改善するのが難しくなるため、朝バナナの効果はあまり期待できなくなってしまうそうです。空腹の状態で睡眠に入り快眠を得ることと、バナナの疲労回復を助ける効果によって、より良い快眠が得られ、痩せ易い体質を作るという好循環になっていきます。しっかりと噛んで、なるべく早く消化させるようにして、ぐっすり寝るようにしましょう。果物はは消化酵素がふんだんに含まれていますから、体内酵素を節約でき、消化にエネルギーや時間を使うことを防げてくれるのです。日付が変わるまでに寝るようにして疲れを溜めないことが痩せ易い体質を作ることに繋がります。
posted by gg at 20:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。